kakusa_seiki_hiseiki
1: ゆううつちゃん 2024/05/10(金) 08:22:12.91 ID:??? TID:lennon
25~34歳を対象に、非正規の働き方を前向きな理由(例えば「都合の良い時間に働きたい」など)で選択する人が、10年前の調査より14万人増えて73万人に上っているという。

会社が抱える仕事量によって、必要となる社員を増やしたり減らしたりできること、そして業務遂行に必要なスキルが十分にあり、会社に貢献してくれる社員を中長期的に会社に残していくこと、この2つの主たる目的に沿えば、会社にとって非正規雇用は有効な雇用手段であり、都合がいい(非正規から正規雇用に切り替えることもできる)。

一方、非正規雇用の待遇はよくない、雇用が不安定だなど、個人にとっては不利な契約形態であるという指摘もある。
(抜粋)

(続きは以下URLから)
https://news.yahoo.co.jp/articles/49ad104ef18c3f6e1cc11e5f957fe9d66d5ad449

2: ゆううつちゃん 2024/05/10(金) 08:23:45.41 ID:Ids4y
正規雇用で精神的にダメになるより健全だよ

3: ゆううつちゃん 2024/05/10(金) 08:24:07.05 ID:4UGRP
フリーターが流行った時代がだぶるな

22: ゆううつちゃん 2024/05/10(金) 08:40:13.32 ID:bTEK2
>>16
バブル期だわ
なんか流行ってた
色んな仕事もしてみたかった
アラサーで社員探す様になった
スキルがないのでろくな仕事無かったけど
趣味で武道やってたので
ガテン系ならだいたい雇ってくれた

若いうちに数回の転職で長年務めた方が安定してたろうけど
それなりに人並みの事はだいたい出来たのでまあ有りかもな

4: ゆううつちゃん 2024/05/10(金) 08:24:31.77 ID:Aow6T
独身も増えるから簡単なバイトと好きな副業で稼ぐとかが定番になりそう

5: ゆううつちゃん 2024/05/10(金) 08:25:57.13 ID:19JNb
働いてれば何でもいいだろ

6: ゆううつちゃん 2024/05/10(金) 08:26:14.54 ID:rmFmL
無職のオレからしたらどっちもスゴイ

8: ゆううつちゃん 2024/05/10(金) 08:29:08.39 ID:FucLz
氷河期見たら非正規はだめだろ。騙されるなよ。

10: ゆううつちゃん 2024/05/10(金) 08:30:48.17 ID:HNwor
>>8
そりゃ正社員がいいけど
Z世代もコネ持ちは少ないだろ

9: ゆううつちゃん 2024/05/10(金) 08:29:12.76 ID:91OUE
子供が必要なら非正規はダメ
今は正規でも子育て離婚が4割の世帯で必要なほど、絶望的な状態

17: ゆううつちゃん 2024/05/10(金) 08:36:29.31 ID:XdWUJ
お一人様人生を楽しむと割りきるなら非正規でストレス少なく生きるのもアリだろ

18: ゆううつちゃん 2024/05/10(金) 08:36:56.57 ID:aqJri
単価切り下げられて毎日10時間働いても月収20万円の世界

21: ゆううつちゃん 2024/05/10(金) 08:39:13.21 ID:uRquC
正社員より給料が高い非正規ならありだが、安いならなしだな。

23: ゆううつちゃん 2024/05/10(金) 08:42:53.41 ID:mfyop
非正規がありなわけがないんだけどな
自分から人生ハードモード選択するとか頭おかしいって

24: ゆううつちゃん 2024/05/10(金) 08:46:58.27 ID:HNwor
非正規は正社員になれなかったら考えればいい
もしくは速攻で会社を辞めた場合に
最初から派遣を目指すものではない

25: ゆううつちゃん 2024/05/10(金) 08:47:20.70 ID:xUmFl
非正規で年金払ってなかった人が腎臓やられて透析になった時
無年金障害者救済法に守られて給付金出て
アパート引き払って公営住宅に無家賃で入って
NPOの弁当を毎日タダで食って
動けなくなったら今度は特養に順番飛ばしで入って
最後は公費で火葬と埋葬されてたよ
何も持ってないって強いんだよ

29: ゆううつちゃん 2024/05/10(金) 08:49:30.63 ID:5Zw3X
あえて非正規なら多分すぐに正社員は無理ってなって準備期間が欲しいんじゃないの
そんであえてってことはいずれは正社員になれるって
なんか考えが甘いなやっぱ

引用元: 【仕事】「絶対やめとけ」「その先は地獄」若者の“あえて非正規”拡大に心配の声も…否定に動じなくて良い理由